タニシと金魚と柴犬のいる暮らし


by spring_cherry

<   2004年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

タニシのうた

「夏休み自由研究 タニシの観察日記」より

a0033281_11173015.jpg

タニシの歌があるんですねぇ!

神奈川県の飯山温泉は、タニシの佃煮が名物だそうで、
その地方には昔から伝わる「タニシの歌」があるんです。
3月の観音様の花祭りで歌われるそうで、この頃のタニシの味噌あえは美味いんだとか。
「さんしょのみそであえられた」って、タニシに同情する(?)歌らしい。

楽譜も載っていたので、子どもたちにピアノで弾いてもらおう!

    *参考:「MANAしんぶん」HPより  http://www.manabook.jp/index.html

[PR]
by spring_cherry | 2004-08-31 11:23 | タニシ日記

大きくなった赤ちゃん

「夏休み自由研究 タニシの観察日記」より

このブログで時々お見せしているタニシの身体測定。
その写真を娘がちょうだいと言ってきたので
プリントして渡してあげたら、こんなページになってました。
a0033281_12155999.jpg

結局全員に名前つけたんかい!(^^;)

夏休みも明日で終わり。
今夜は久しぶりの身体測定かな?
さて、どのくらい大きくなってるだろう。

もうひとつ。
田んぼへタニシを取りに行った日のページはこんなんでした。
a0033281_121892.jpg

[PR]
by spring_cherry | 2004-08-30 12:18 | タニシ日記

タニシの藻の食べ方

再びタニシの話題に戻りまして・・・
「夏休み自由研究 タニシの観察日記」より

a0033281_17152878.jpg

タニシの食欲は旺盛です。
水槽についた藻をぐんぐんと食べていってくれます。
金魚の食べ残しの餌なんかも食べるらしい。
野生の(?)タニシは苔や植物性プランクトンなんかを食べているようです。

ちなみにタニシくんたち、起きているときは大体口を動かして餌食べてます。
蓋を閉じてじっと転がってる時は、寝てる時らしいです。
[PR]
by spring_cherry | 2004-08-28 17:21 | タニシ日記

金魚の手ぬぐい

今日はちょっとタニシの話はお休みして、
てぬぐいからのトラックバックです。
(トラバするの初めてです。うまくできるかな?)

1年ほど前からきものを着ることに目覚めて、和の小物も集めています。
中でも手ぬぐいは、ハンカチ・エプロン・食事の時のナフキン・そしてきものの半襟にと
使い道がたくさんあるのでついつい買ってしまいます。
この夏、活躍した手ぬぐいたち。
a0033281_1350663.jpg

右と真ん中の二つが金魚柄。
うちで金魚を飼っていると、ついつい目がいってしまいます。
いちばん左、夏はやっぱりスイカよねーー!と衝動買い。へへ。

ところでわが家の金魚たちですが、
しっぽの先に白い点々があるなぁと思っていたら、尾びれの先が少し切れたようになってきました。
どうやら尾ぐされ病らしい。
前にもかかったことがあるので、0.5%塩水とメチレンブルーの薬とで薬浴させることに。
この夏、水温が30度を超えたりしていたのがまずかったかなぁ。
早く良くなりますように。
a0033281_13551521.jpg

[PR]
by spring_cherry | 2004-08-25 13:54 | 和のくらし

タニシのオスとメス

a0033281_12222459.jpg

タニシのオスとメスは、触覚で見分けます。
両方ともピンとのびてるのがメス
右側の触覚がクルクルと丸まったり曲がったりしてるのがオス
オスの右触覚は、交接器でもあるそうです。
(交尾してるところを見たわけではないのですが・・・(笑)

タニシの繁殖期は6月〜7月下旬だそうで、
そう言えば最近、わが家のタニシ君も新たな赤ちゃんが生まれないなぁと思ってました。

・・・が!
実は先週末、1泊で出かけていたところ、帰ってきたら9匹が11匹 に!!!
今回は、前回赤ちゃんを死なせてしまった反省から、
出かける前に涼しいお風呂場にタニシの水槽を移していったんだけどね。

最初に生まれたちびたたちもずいぶん大きくなってきて水槽も手狭になってきてるから、
そろそろ打ち止めにしてほしいような・・・(笑)
[PR]
by spring_cherry | 2004-08-24 12:29 | タニシ日記

タニシの種類

娘も喜んでOKしてくれたので、さっそく自由研究の中身を大公開〜!

※この「夏休み自由研究 タニシの観察日記」は、長女(小4)がまとめたものです。
 タニシの生態などについて、インターネットで検索したりする部分だけ
 私も手伝っていっしょに調べました。
 娘の文章だけでは説明不足なところもあるので、
 ここでは私も自分で調べた範囲で補足することにしました。
 間違いがあるかもしれませんので、どうぞ気づいたことはご指摘ください。
 また他にタニシについてご存じの方は、情報をお寄せいただけると嬉しいです。



a0033281_11585395.jpg

日本で見ることのできるタニシには、4種類あるんだそうです。
マルタニシは貝殻が丸みを帯びていて、殻高が3センチ前後〜6センチぐらい。
オオタニシは大型で、6〜7センチ。
ナガタニシはやはり7センチに達するものもあるが、螺層(貝殻のうずまきの層)はふくらまず
平たく階段状になってるそうです。
ヒメタニシは最も小型で成貝でも3センチぐらいまで。
マルタニシとヒメタニシの見分け方は、
マルタニシの蓋は黄褐色、ヒメタニシの蓋は赤褐色なんだそうです。

マルタニシとオオタニシは田んぼの泥の中などに棲み、食用になるのも主にこれ。
ナガタニシは湖や沼、川などによくいるそうです。
ヒメタニシはどこでも見られるそうで、分布もほぼ日本全土、
4種類の中では比較的汚れた水でも生息できるため近年増えているそうです。

ということで、わが家にいるタニシたちは、大きさ(大きくても2センチぐらい)、
生息域(田んぼで見つけた)、そして蓋の色が赤褐色なので
ヒメタニシ
と判断しました〜!(あってるかどうかはわかりませんが)

ちなみに、水田での農薬の使用や用水路の改修などでタニシは激減しており、
マルタニシとナガタニシは環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧種なんだそうです(TT)

それから「ジャンボタニシ」と俗に言われているタニシは本名を「スクミリンゴガイ」と言い、
食用として南米から輸入されたものが捨てられ野生化したものだそうです。
雑食性、食欲旺盛で田んぼの稲を食べるため有害動物に指定されています。
驚異的な繁殖力と生命力で、農家の皆さんや日本在来種のタニシたちを苦しめているようです。
[PR]
by spring_cherry | 2004-08-19 12:42 | タニシ日記

夏休みの自由研究

8月17日

もうあと10日とすこしで夏休みも終わり。
そろそろ宿題も終わりが見えてきました〜♪

というところで、娘(小4)の自由研究はどうなったかと言いますと・・・
a0033281_11442473.jpg

こんな感じで完成に近づきつつあるようです!
とりあえず今、娘がいないので表紙だけ。
本人の了解が取れたら、少しずつ中身もお見せしたいなぁと思ってます。
[PR]
by spring_cherry | 2004-08-17 11:45 | タニシ日記

貯金箱

タニシの話はちょっとお休みして・・・
今週は、子どもたちの通っている学童もお盆休み。
このお休み中に工作や絵、習字など“大物”の宿題を全部片づけてしまおうという予定。
で、ただ今順番に宿題にとりかかっております。

最初に完成したのが、貯金箱。
これは郵政省がやってるアイディア貯金箱コンクールで、自由参加なんだけど
なんだかんだと毎年つくっている(^^;

基本的に私は、ふだん子どもらをほったらかしにしている分、
夏休みの宿題くらいはつき合ってあげようじゃないの、という方針。
毎年「どんな貯金箱にしたい?」と子どもたちに考えさせ、
設計図(というか完成予想図)を描かせ、
それを実現するにはどんな素材を使ってどうしたらいい?という部分を
いっしょに考えてあげたり買い物につきあってあげたり・・・としているんだけど。

しかし毎年やってると、子どもらのアイディアもどんどん高度なものになってくし、
こだわりもあるしで、それにつき合う方が時間がかかってタイヘ〜ン!
今年はなんと2日がかりでした。

で、完成したのがコレ!まずは次女(2年)。
a0033281_11102166.jpg

テーマはつい最近DVDで観たばかりの「ニモ」。
ニモの水槽を貯金箱にしてしまいました。
水槽にしてるのは百均で買ってきた虫かご。
ニモたちは軽い紙粘土でつくって、手芸用のテグスで吊っています。
なぜかサメもいるし(笑)

長女(4年)は「チーズを上れ!貯金箱」というタイトルなんだって。
a0033281_11145413.jpg

三角形のチーズを、ネズミくんがお金を引っ張って上っていくと、
穴のあいたところでお金だけが下に落ちるという仕掛け。
厚紙でチーズを作るのに、展開図をうんうん考えながら自分で書いたのがお勉強だったかな。
ネズミくんは次女と同じ紙粘土でつくり、テグスをつけました。
お金を入れるところと引っ張るところのリングは書類を綴じるもので、やっぱり百均で購入。

長女は去年、この貯金箱コンクールで、地元郵便局の局長賞をもらっちゃったものだから、
「今年も!」とかなり頑張っておりました。
次女の方は、去年は「縦・横・高さともに25センチ以内」という規定を知らずに、
やたらでっかい作品を作っちゃった(笑)ために、今年はサイズに要注意。
虫カゴ買う時に、何度もサイズを確かめてました。

さて、結果はいかに?
[PR]
by spring_cherry | 2004-08-13 11:26 | 柴犬タロウ

身体測定その3

8月8日

田んぼでとってきたタニシを含めて、恒例の身体測定!
まずは、ちびたたちから。

a0033281_10183859.jpg

最初に生まれたちびたが9ミリになってました!

そしてこちらは、田んぼでとってきた新入りタニシ君たち。
あんまり増えても困るので、2匹だけ仲間入り。
うちの金魚の水槽にいる親タニシたちと違って、
貝に藻が生えていないので大きさがよくわかります。

a0033281_1020244.jpg

16ミリ。
左の赤ちゃんタニシに比べると、でっか〜い!
[PR]
by spring_cherry | 2004-08-13 10:24 | タニシ日記

田んぼへGO!

8月7日

毎朝水槽をながめて、「タニシが増えた・減った!」とやってるだけでは
夏休みの自由研究になりません。

・・・ということで、子どもたちと田んぼへタニシ取りに出かけました!

私たちの住んでるところは、自転車でちょっと走れば田んぼがまだいっぱい残っています。
朝ごはんを食べて、準備万端整えてしゅっぱぁーつ!

子どもたちと相談して決めた持ち物は、
・ルーペ(タニシを観察するため)
・フタ付き容器(タニシを持ち帰るため)
・ペットボトル(用水の水を汲むため)

家から10分ほど走ったでしょうか、橋2つ向こうの田んぼに到着。
お百姓さんにごめんなさいして、あぜ道から田んぼのはじっこを覗きます。

「いたっ!」「みーつけたっ!」

なんと、田んぼに着いて3分で、2匹のタニシを子どもらが発見。
どちらも稲の根元の泥のなかに半分埋まるようにしておりました。
a0033281_1644396.jpg

こんなに簡単に見つかるなんて、ちょっと拍子抜け。
でも、ということは、田んぼ中にはうじゃうじゃとタニシ君がいるということだな。

おまけ。
田んぼにたくさんいたカエルくんを激写!
どこにいるかわかる?
a0033281_16453161.jpg

[PR]
by spring_cherry | 2004-08-09 16:47 | タニシ日記