タニシと金魚と柴犬のいる暮らし


by spring_cherry

有松紀行

先日の、有松の話の続きです。
たくさん撮ってきた写真の中からご紹介〜〜♪

a0033281_152253.jpg

旧東海道沿いの道には、こんな風景がたくさん残っています。
絞り問屋が軒を並べていた時代の面影をとどめる町屋建築。
う〜ん、絵になります・・・

a0033281_1524105.jpg

中でも一番大きな絞り問屋、指定文化財にもなっている「竹田邸」です。
立派な蔵もあり、母屋は現在一般公開しているようでした。

a0033281_15253611.jpg

最近オープンして話題になっている「神半邸」。
和食レストランの「竃(くど)」、和雑貨の「品(しな)」、
石窯パンの「ダーシェンカ」が入っています。
建物は、13代続いた絞り問屋、神谷半太郎さんの家をそのまま利用。
中には煮炊きのための「おくど」や大きな水屋がインテリアとして使われています。
隠し階段なんかもあるそうで、建築としても楽しめるよ。

たまたま行った日は、和雑貨の店とパン屋さんがお休み。
で、和食の店でケーキセットをいただいてきました。
a0033281_15335050.jpg

とっても美味♪

a0033281_1534625.jpg

お座敷でケーキをいただきながら、中庭を望む。
平日の昼間だったので、部屋は貸し切り状態。
こんな心和む空間をひとりじめしてきたのでした♪

有松、この日は仕事で行ったので洋服だったけど、
できれば着物を着て歩きたかったなぁ。
蛇の目傘なんかさしたら似合いそうだぞ。
[PR]
by spring_cherry | 2004-10-19 15:37 | 和のくらし